今を生きる力を生み出し、病気と決別する  
「人生最期に食べたい料理を食す最期の晩餐・食事会」のご案内

「最期の晩餐」という言葉があります。
今日が、人生最後の日だとすれば、あなたは、何が食べたいですか?

「食は、喜びであり、ときめきであり、生きる活力である」ということを体験できる最期の晩餐食事会は、毎回、好評を得ています。

「食事会に参加して、ほんとに食べたいものを食べようと思うようになった。」
「家族と一緒に美味しいと感じたのは、久しぶり。」
「美味しいものは、身近にあることに気づいた。」

などと参加者からのうれしい声をいただいています。
この企画で毎回うでをふるってくださる本道さんは、湯島食堂のシェフ。癒しの料理が評判となり、いまや講演会や料理教室など全国各地からひっぱりだこです。最近では、料理本も出版され、ますます多忙な毎日を送っていらっしゃいます。その本道さんがこの「最期の晩餐・食事会」は、食の原点だと言い、この企画を毎回楽しみにしてくれています。
昨年末には、地元テレビ局KKTのテレビタミン、報道特集「現場発」でも、「最期の晩餐・食事会」が紹介され、多くの方々から共感の声が寄せられました。
食を通して味わう「命の輝き」を多くの患者様とご家族に体感して頂きたい...今回も本道さんはじめスタッフ一同はりきっています。限定30名ですので、どうぞ、お早めにお申込くださいませ。

期日   平成25年4月28日(日曜日)
時間   午後12時より14時まで
  場所   デイサービスセンター日加里
             上益城郡御船町辺田見181-1
  参加費  お一人2500円 小学生は500円 幼児は無料
  定員   先着30名
  申込み  藤岡医院 282-0302

※リクエスト料理等ございましたら、申し込みの際、遠慮なくお申し出ください。

来る6月2日、3日(土、日)に藤岡医院主催でサイモントン療法2日間セミナーを開催します。

講師には、サイモントンジャパン副理事長で認定トレーナーの川畑伸子氏を迎えます。

6日間の正規プログラムを2日間に凝縮させたコンパクトなプログラムですが、サイモントン療法の

エッセンスを十分に学んでいただけるクオリティーの高いセミナーです。

患者さん、ご家族、医療従事者が一同に会して学ぶということでも、毎回、好評を得ています。

 

<これまでの参加者の声>

・人生観が変わった。

・がんは、自分にとって恩恵であったことに気がついた。

・これまで治ることが目的だったが、その先に目標を見据えることの大切さに気づいた。

・何だか心のわだかまりがとれたよう。

・家族とセミナーを受けたので共通認識を持てるようになって安心感を得た。

・医療者としての不健全心に気づいて、その考えを健全化できた。

 

すべての参加者が自分のペースで学び、気づくセミナーです。

どうぞ、お気軽にご参加くださいませ。

詳細は、下記をごらんくださいませ。

 

H24.6月サイモントン療法セミナー.pdf

当院主催の「明日を生きる力を力を生みだす食事会」でうでをふるってくれている

人気シェフ本道佳子さんの講演会と食事会がありますのでご案内いたします。

本道さんは、料理もですが、話もうまいんです。

本道ワールドに引き込まれ、こころがやさしい思いで満たされます。

ぜひ、ご参加くださいませ。

 

テトテトテ塾 こころとからだのきれいを考えるセミナー

A4チラシcopy.pdf

テトテトテ企画・プレミアム食事会

テトテトテ・プレミアム企画.docx

当院が取り組んでいる「食から元気を」の企画のひとつである「最期の晩餐」で、いつも

うでをふるってくれる本道佳子さん(東京・湯島食堂)が、「見てわかる、キッチン断捨離」

(マガジンハウス・ムック)に紹介されました。

20111130120151.jpg      20111130120358.jpg


断捨離の提唱者であるやましたひでこ先生との対談、断捨離レシピなど本道さんの活動も

含めて掲載されていますので、ぜひ、ご覧ください。

 

さて、「断捨離」とは、一言でいえば、「ものとの関係性を問い直すこと」です。

今の自分に必要なのか。

もしくは、適切なのか。

また、快適なのかを見極めていく作業です。

 

これは、治療の選択においても言えることかもしれません。

西洋医学、東洋医学、代替療法などあまたに及ぶ治療の中から、自分に

合うものを選ぶのは大変なことですが、取り入れていた治療や療法をやめる

ことは、それ以上に大変なことだと患者さんから聞くことがあります。

 

もし、断捨離の観点から、治療を見るとすればどうでしょうか。

●やらなければならないものとして無自覚に治療をうけていないか。

●曖昧な感覚で治療や自分の身体症状をとらえていないか。

●治療や健康回復への取り組み(食事療法、運動等)が、価値あるものとして、

 意図的に行われているか。

 

もし、そこに無理や無駄があるとすれば、治療を見直す機会かもしれません。

                              

                                カウンセラー 藤岡ふみよ

 

 

 

 

 

 

やっぱり良くないんですねんぇ・・・。

缶詰スープで"有毒物質"が20倍以上増加という研究発表がなされました。

前から缶詰は身体に良くないんじゃないかという漠然とした印象は持って

いましたが・・・・・。

詳しくは、こちらを。

http://kenko100.jp/news/2011/11/28/02

 

藤岡医院院長 藤岡靖也

 

 

藤岡医院・(株)テトテトテ・コラボ企画

ヒーリング料理人「本道佳子シェフ」の料理ライブ 

 

「食は、愛だ」と言い、料理で人の心を癒す料理人がいます。

 

東京・湯島食堂の本道佳子シェフは、幼い頃から、食に興味を持ち、単身ニューヨークに渡り、有名レストランで修業ののち帰国。映画、コンサートツアー、企業のイベントのケータリングを中心に、東京都内で活動のかたわら、「国境なき料理団」をたちあげ、食を通しての社会貢献活動も積極的に行うまさにスーパーウーマンです。また、彼女が腕をふるう「湯島食堂」は、テレビ東京系列の『ソロモン流』で紹介され、ランチ時になると店の前に長蛇の列ができるほど、彼女の織りなす多彩な野菜料理は、多くの人を魅了しています。

http://www4.ocn.ne.jp/~miracle2/index.html (本道佳子シェフのHP

http://ameblo.jp/toko-toki/entry-10726479543.html (湯島食堂)

 

本道シェフと藤岡医院は、これまで、今を生きる力を生み出す「人生最後に食べたい料理を食す会」など、がん患者さんに食の喜びから治癒力を向上させてもらおうと食事会を行ってきました。

 

今回は、もっと多くの方に本道シェフのヒーリング料理を味わっていただきたく、(株)テトテトテとのコラボで「本道佳子シェフの料理ライブ」を企画いたしました。

 

本道シェフの人柄そのものの愛ある野菜料理の数々を味わってみませんか。

野菜や豆乳を使ってからだにやさしいスイーツをつくるパティシエも同行しますので、これも楽しみのひとつになるかと思います。

 

●期日  平成231016日(日) 1130分より

●場所  上益城郡御船町辺田見181-1 デイサービス日加里 

●参加費 3800円

●定員  30

●申込み (株)テトテトテ℡096-282-3113

tetotetote@camel.plala.or.jp

統合医療で患者は'自分らしく'生きる

沖縄県宜野湾市で開かれた第12回国際統合医学会の記事を紹介します。
まさに、ここに述べられている事こそが私の目指すものでもあります。
「統合医療」という言葉は、まだ一般には馴染みが薄い言葉ですが、
これからの医療に必要不可欠なものだと思い紹介させていただきました。

img085.pdf

                                         藤岡医院院長
                                             藤岡靖也

PCMでみんなちがってみんないい

先週末、当院となりのゲストハウスにて、九州初のプロセスコミュニケーションモデル(PCM)

べーシックセミナーが行われました。

PCMの入り口であるKTMセミナーで、「自分の認知スタイルを知る」ということを学びましたが、

ベーシックでは、対人交流の認知スタイルを実践を交えて学んでいきます。

 

良好なコミュニケーションというのは、相手にとっても自分にとっても、ストレスがなく気持ちの

良いものです。

しかし、日常生活の中でのコミュニケーションは、無理なく対処できる相手だけではありません。

何気ない言葉やしぐさに傷ついたり、傷つけられたりは、よくあることです。

 

今回、6人のちがった認知スタイルになって話をしたり、話を聞いたりする演習を体験しました。

学生時代、演劇部所属の私(^^)、楽しみにしていた演習だったのですが、以外と難しい!

指定された認知スタイルのパーソナリティーが好む言葉やしぐさがとっさにでてこないのです。

私の場合、どうしても自分のパーソナリティーである心情、感情に共感する言葉やしぐさがでて

しまいます。

今回のセミナーの受講者は、以前からの知り合いばかりでしたから、違うパーソナリティーを

がんばって演じている姿に大笑いしたり、感動したり、場の空気は、否応なく盛り上がって行き

ました。

 

トレーナー曰く、「何をつたえるかより、それをどのように伝えるかの方がはるかに重要です。」

相手のパーソナリティーの持つ欲求をみたすように、自分がエネルギーを移行し、合わせて

行くことが大切になるのです。

普段は、自分のパーソナリティーでコミュニケーションをとっていますから、相手にあわせると

なると大変です。

しかし、これらは、筋肉のようなもので、訓練によってきたえることも強化することもできると

いうことです。

 

九州発のベーシックセミナーは、受講生4人にトレーナー3人という贅沢なプレミアムなセミナー

になりました。

KTMを何度か受講していたもののまだまだ知らない自分に気づきましたし、思いこみでミス

コミュニケーションをおこしていた理由も理解できました。

そして、「人ってなんてすばらしい。みんなちがってみんないい!」つくづくその思いに至るべー

シックセミナーでした。

20110605174320.jpg

さて、9月に熊本で田村トレーナー式部トレーナーのコンビでKTMセミナーが開催されます。

円滑なコミュニケーションは、まず自分を知ることからです。

より豊かで幸せな人生につながるセミナーです。(^^)

                                       藤岡医院 カウンセラー

                                             藤岡 ふみよ

 

KTMセミナーの案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こころの故郷 

20110521064736.jpg

先週、伊豆で行われたサイモントン療法6日間セミナーにスタッフとして参加しました。

研修生の頃から数えると10回近く、伊豆に行っていることなるでしょうか。

セミナーの開催される伊豆高原の駅に降り立つと、何だか故郷に帰ってきたようなそんな

思いにさえなります。(^^)

 

今回も患者さんとそのご家族、研修生と共に実りある時間をすごしました。

いつものことながら驚かされるのは、患者さんのダイナミックな変化です。

「健康に戻る」という大きな目標をもってプログラムに真摯に取り組まれますから、大地が恵み

の水を吸収し、まいた種が発芽するように、日を追って生き生きと輝き始められます。

 

6日間のセミナーは、安心、安全な場の中で、熟練したカウンセラーに見守られながら、

必要な変化を起こして行く場でもあります。

患者さんだけでなく、ご家族も、研修生にとってもそうです。

 

これまで、気づかなかった自分との出会いが、ひとりひとりの生きる質を高めていくのです。

喜びを知らなかった人が、喜びが何か気づいた時、病気のメッセージに気づいた時、そして

自分の中の叡智に気づいた時、健康への道が切り開かれていきます。

 

これまで幾度となく6日間のセミナーに参加し、私自身も大きな変化を遂げ、今があります。

認定カウンセラーとなった今でも、セミナーに参加するたびにあらたな気づきが私に成長を

もたらしてくれます。

いくつになっても、どんな状況下でも人は変化し、成長できるのだと感じさせられます。

 

さて、来る6月25日、26日(土、日)には、認定トレーナーの川畑伸子先生をお迎えして

藤岡医院主催の2日間セミナーを開催します。

6日間のエッセンスを2日間に凝縮したセミナーです。

毎回、好評のセミナーです。

詳細は、お知らせをご覧ください。

                                    藤岡医院カウンセラー

                                              藤岡ふみよ

 

 

 

 

 

 

 

ストレスはどこから来るの?

20110406094739.jpg

(本日の医院敷地内の桜)

 

当院の桜は、満開を迎え、風に吹かれて惜しげもなく花吹雪を吹かせています。

このまま美しい姿を見せておいてほしいのですが、一分一秒たりとも同じ状態を保ってくれません。

それが、大自然のしくみであることをダイナミックな移ろいに教えられます。

まさに為されるががまま...明日は、木の根もとには、淡いピンクの絨毯が敷き詰められるでしょう。

 

もし、桜もストレスを感じるとすれば、近年の地球温暖化現象は、相当なもののはずです。

しかし、夏の酷暑にも、冬の風雪にも耐え、今年もみごとな花を見せてくれました。

 

私たちが感じるストレスも時にこころの栄養となり、人としての成長の糧となります。

ストレスと感じる事柄をどう捉え、どう対処するかで大きく変わってくるのです。

できれば、病気の種としてしまう前にきちんと対処したいものです。

 

さて、4月16日(土)に、熊本代替療法研究会の主催でストレスケアのスペシャリスト「くまさん」こと

田村祐樹先生(滋賀医科大学 家庭医学講座 准教授)の講演会が行われます。

医師、サイモントン療法認定スーパーバイザー、プロセスコミュニケーションモデル認定トレーナー

と沢山の顔を持つ「くまさん」ならではの話が聞けると期待しています。

 

詳細は下記の通りです。

代替療法H23年4月勉強会.pdf